中性脂肪とコレステロールの違い

身体の健康に関わる話の中で、中性脂肪と一緒に出てくるのがコレステロールです。
どこがどう違うものなのか、調べてみましょう。

 

・どちらも体内の脂質

中性脂肪もコレステロールも、どちらも体内にある脂質という意味では一緒です。

 

中性脂肪は食べたり飲んだりしたものから合成され、脂肪酸としてエネルギーに使われたものの余りが肝臓や皮下に貯蔵された脂肪です。

 

コレステロールは、身体の中で細胞膜を作ったり、胆汁酸を作ったり、ホルモンを作ったりする時の原料となるもので、一般的に悪玉と善玉とに区別されています。

 

・中性脂肪は貯蓄

人間が生きるために必要な活動エネルギーが脂肪酸ですが、脂肪酸が余ると中性脂肪に形を変えて脂肪細胞の中に貯蓄されます。これはエネルギーの貯金みたいなものですから、必要になった時には下ろして、また脂肪酸に変えて使うことになります。

 

ただ、食生活によっていつでも過剰な状態になっていると、貯蓄を取り崩す必要もなくどんどん溜まっていく一方です。お金なら嬉しい話ですが、中性脂肪の貯蓄は増えすぎると脂肪肝やドロドロ血の原因になり、良いことは一つもありません。

 

・コレステロールは材料

悪玉と善玉と言われていますが、悪玉コレステロールと言えども必要な材料です。

 

食べ物から摂取されたり、肝臓で合成されたりしますが、血液に溶けて全身に運ばれ、細胞膜を作ったり、ホルモンを作ったりするのに使われます。

 

悪玉は増えすぎると血管の傷のところにどんどん溜まってしまいます。

 

善玉コレステロールは集まった悪玉コレステロールを回収してキレイにする役目があるのですが、現代日本人は肝心の善玉が少なく、悪玉ばかりという食生活になっていることが多いのです。

 

・両方が過剰になるとリスク倍増

中性脂肪が増えると、なんと善玉コレステロールを減らして悪玉コレステロールを増やすことが分かりました。ドロドロ血にして血管を傷つける上に、そこに取り付く悪玉をキレイにする善玉を減らすというのですから、血管はどんどん悪い状況になります。

 

この2つが揃うと動脈硬化の危険性が非常に高くなり、生命に関わる病気に繋がってしまうのです。