きなりで中性脂肪を減らす

さくらの森が販売している「きなり」は、DHA、EPA、ナットウキナーゼ、クリルオイルを主軸としたサプリメントです。

 

1日4粒で健康に近づける食生活のサポートとなり、特に魚が足りていない現代人の強い味方になります。自分の健康に不安感がある人や、食生活がおろそかになりがちな人に向けて作られたサプリメントで、

 

血液のドロドロや中性脂肪が気になる人にはピッタリの成分が豊富に配合されています。1日の摂取量の中に有効成分が非常にたくさん含まれているので、充分な栄養補給になります。

 

・きなりの特徴

きなりは、有効成分の含有量にもこだわっていますが、その製造方法にもこだわりがあります。特にDHAやEPAはとても酸化しやすい成分なので、品質の劣化を招かずにサプリメントに加工することは難しい成分です。

 

さくらの森は、クリルオイルというオキアミから抽出される真っ赤なオイルを採用し、通常の魚油ではなくフレッシュな状態でサプリメントに加工することに成功しました。

 

赤い色素の正体はアスタキサンチンで、美容に詳しい女性ならよく知っている成分ですね。

 

これがDHAやEPAといった有効成分を酸化させることなくガードしているのが特徴です。また、血栓を溶かす作用のあるナットウキナーゼを配合し、更に血液がサラサラになる工夫をしています。

 

・きなりが選ばれる理由

「きなり」の1日4粒あたりに含まれるDHAやEPA量は500mgです。

 

アスタキサンチンはビタミンEの約1,000倍の抗酸化力がありますので、中性脂肪対策とアンチエイジングには効果が期待出来ます。また、一般的な魚油のDHA、EPAは水に溶けない性質ですが、クリルオイルはリン脂質結合型で非常に早く水に溶け、小腸から早く吸収される特徴があります。

 

せっかく飲んでもあまり吸収出来ずに身体から出て行ってしまったのでは意味はありませんから、吸収率は大事ですね。魚臭さを感じない加工をしているので、飲んだ後も鼻の奥に生臭さが残ることはありません。

 

↓きなりの通販はこちら