薬で中性脂肪を減らす方法

中性脂肪は、基本的には食事や生活習慣で正常値に戻すのが基本です。

 

でも、きちんと生活の管理を続けていても、中性脂肪値が下がらない場合には、薬による治療が開始されます。タイミングとしては、食事療法で3ヶ月から6ヶ月ほど経過を見ても変化が無い場合、主治医の判断で決められます。

 

また、先天的な病気の場合には、まず薬での治療からスタートします。ただ、薬を飲み始めても食事療法や生活改善は並行して続ける必要がありますので、「薬さえ飲めば治る」というものではないのです。

 

・脂質異常症の治療薬

脂質異常症を治療するために使われる薬にはいくつかの種類があります。
その人の身体の状態によってどんな薬物を使うかは医師が判断します。

 

主な薬は以下の通りです。

 

HMG-CoA還元酵素阻害薬

肝臓でLDLコレステロールが合成されるのを抑制して、HDLコレステロールを増やすはたらきがあります。

 

プロブコール

肝臓でLDLコレステロールが合成されるのを抑制して、コレステロールの酸化や血管への付着を防ぐはたらきがあります。

 

陰イオン交換樹脂

肝臓でLDLコレステロールが合成されるのを抑制して、腸がコレステロールや胆汁酸を吸収するのを抑えるはたらきがあります。

 

ニコチン酸誘導体

肝臓でLDLコレステロールが合成されるのを抑制し、HDLコレステロールの値を上げるはたらきがあります。脂肪酸が中性脂肪に変化するのを防ぎます。

 

フィブラート系薬

肝臓でLDLコレステロールが合成されるのを抑制し、HDLコレステロールの値を上げるはたらきがあります。中性脂肪が体内で合成されるのを抑制します。

 

イコサペント酸エチル

中性脂肪値を下げると同時に、血小板がはたらいて血が固まるのを防ぎます。

 

・薬では根治出来ない

実は、脂質異常症を薬で根治するのはとても難しいと言われていて、どんなに薬物で抑制しても、生活習慣を変えない限り根本的に治すことは出来ません。

 

逆に言えば、一般的な脂質異常症は、自分で生活習慣を見直すことで治すことが出来るということです。すべては自分次第なのです。